妊娠中のダイエットは望ましいものではない

妊娠中のダイエットは望ましいものではないですが、医師のアドバイスに従ってダイエットをした方がいい方もいます。妊娠中に過度に体重が増えてしまった場合です。糖尿病リスクや、妊娠中毒症のリスクが、妊娠中の急激な体重増加には伴うと言われています。妊娠中のダイエットは、それが必要だと医療機関が判断した場合にのみ行われます。摂取カロリー量を調整しつつ、体に必要な栄養は確保して、塩分ひかえめの食生活をすることが大事です。妊娠中は赤ちゃんと合わせて2人ぶん食べることとは以前は言われていましたが、2人ぶんの食事を摂ってはカロリー過多です。2000kcalに、胎児のぶんの300kcalを加えた、2300kcalの摂取カロリー量で事足りるといいます。妊娠中に脂肪が付きすぎると産道が圧迫されて十分開かずに難産になってしまうこともあるそうです。太りすぎを予防することは、出産の負担を軽減する効果もあるわけです。美容や外見のためではなく、妊娠中にダイエットをすることで胎児も母親も健康であることが、ダイエットをする理由になっています。ただし、妊娠中に増加した体重が10㎏程度であれば、ダイエットの必要はありません。それ以上の太りすぎにならないように気をつけましょう。出産後は体力も重要になってきますので、妊娠中のダイエットは必要程度に留めて、やりすぎないように注意をしていきましょう。